最新の記事

姿勢を改善してデコルテ美人に!おすすめのヨガポーズ4選

デコルテ美人になるための鍵は?

こんにちは!
classmall friends の高橋かなこです。

最近は蒸し暑い日が続きますね。街行く人たちの服装もすっかり夏仕様です。

私は、夏はタンクトップや白Tシャツ1枚といったシンプル且つデコルテラインをさらけ出したファッションがほとんどなのですが、ある日、化粧をしようと鏡の前に座ったときにふと、思いました。

「座ったり鏡越しだと特に、胸上の印象って大事だな」と。
特に鎖骨周りに影ができていると、顔周りもなんとなく暗く見えてしまいます。

突然ですがこちらの写真をご覧ください。

「パッと見の印象が良いのはどちらですか?」と質問されたら、あなたならどちらを選びますか?
私は間違いなく下の写真を選びます。

微々たる違いかもしれませんが、上の写真は鎖骨あたりに影ができており、首もなんだか短く見えますよね。
では、この2枚の写真は何が違うのでしょうか?

答えは姿勢です。

実は、普段の姿勢がデコルテラインに影響しています。姿勢が悪いと、お肉が邪魔をしたり影のでき方などで鎖骨のラインが綺麗に見えないのです。

そこで今回は「デコルテ美人になるための姿勢改善ヨガポーズ」についてお伝えしていきます!

デコルテ周りが整うことにより、首や顔周りもスッキリさせることができます。
また、今回ご紹介するポーズは肩こりの改善にも繋がるので、一石二鳥で効果が期待できます
私も普段実践しているので、時間があるときにぜひ挑戦してみてください。

デコルテ美人になるためのヨガポーズ4選

それでは早速、デコルテ美人になるためのヨガポーズを紹介していきます。

今回ご紹介するポーズの全てに共通するポイントは、肩の力は抜いて、耳と肩の距離は遠ざけるということです。
それぞれのポーズにおいて軽減法もご紹介するので、ご自身の身体の状態に合わせて実践してみてくださいね。

  • 猫&牛のポーズ〈Cat&Cow〉

1.マットの上で四つ這いになる
 手首は肩の下・膝は足の付け根の下・足幅はこぶし1つ分〜肩幅・足の甲は寝かせる

2.(息を吸いながら)背中を反らす
 目線は正面・お尻は斜め上に突き出す

3.(息を吐きながら)背中を丸める
 目線はおへそ・背骨を天井へ突き出す・お尻の穴は床に向ける

  • 上向きの犬のポーズ〈Upward Dog〉

1.うつ伏せになる
 おでこはマットにつける・両手のひらは脇腹の横辺り・脇を締める・足は腰幅

2.(息を吸いながら)両手のひらで床を押し、骨盤を床から浮かす
 目線は斜め上・両ひじは伸ばす・足の甲でも床を押す

【軽減法〈ベイビーコブラのポーズ〉】

1.うつ伏せになる
 おでこはマットにつける・両手のひらは胸の横・脇を締める・足は腰幅

2.(息を吸いながら)背中の力を使って上体を少し起こす
 目線は正面・胸を前方に向ける・手のひらは床に添える程度

  • 下向きの犬のポーズ〈Downward Dog〉

1.四つ這いでつま先を立てる
 腕は肩幅・足幅は握りこぶし1つ分〜肩幅程度

2.お尻を上に高く突き上げる
 目線は膝あたり・背中と腰はまっすぐ・足の付け根から体を折り込む・膝を伸ばす・かかとを床につける。それが難しい場合は近づけるだけでもOK。

【軽減法】
膝を曲げる
かかとが床につかなくてもOK(かかとをできるだけ床に近づける)
※背中と腰を伸ばすことを優先的におこなう。
※太腿裏の伸びを感じることができればOK

  • 上向きの板のポーズ〈Upward Plank〉

1.足を前に伸ばして座り、両手はお尻からこぶし1つ分程度開けて床につく
 手の指先は自分の方に向ける・足は閉じる

2.お尻を持ち上げる
 肘と膝を伸ばす・足先から胸まで一直線・目線は斜め後ろ

【軽減法①〈テーブルトップ〉】

1.膝を立てて座り、両手はお尻からこぶし1つ分程度開けて床につく
 手の指先は自分の方に向ける・足はこぶし1つ分開ける

 ※本来のテーブルトップは指先を後ろに向けるのですが
  ここでは「上向きの板のポーズの軽減法」として、指先は自分の方に向けるパターンでご紹介しております。

2.お尻を持ち上げる
 目線は斜め後ろ・腕だけでなくお腹や脚の力も使って体を支える

【軽減法②〈橋のポーズ〉】

1.仰向けになって両膝を立て、両手は体側に伸ばす
 手のひらは床に向ける・かかとはお尻からこぶし1〜2つ分離れたところに置く

2.お尻を持ち上げる
 顎は引く・腕と足の裏で床を押す・お腹の力も使い体を支える

デコルテ美人になるためのポイント

上記、ヨガのポーズについて具体的にお伝えしてきました。

全てのポーズに共通していることは「肩・肩甲骨周りを重点的に使っている」ということです。

日常生活、特にスマートフォンやパソコンを使用する時間が多い方は、無意識に長時間同じ姿勢で過ごしがちです。(私も気を抜くとすぐに猫背になって作業しています…)

意識的に肩や肩甲骨周りを動かさないと、どんどん凝り固まってしまい、肩こりだけでなくデコルテ周りのむくみの原因にもなってしまいます。

姿勢・むくみ改善のために、今回紹介したポーズを1つずつ実践していただくことはもちろん、「一気にやりたい」という方は、ぜひ、上から順番にポーズを実践してみてくださいね。

デコルテ美人でこの夏は白Tシャツを着こなそう!

いかがでしたか?

薄着になる夏はもちろん、冬場でもデコルテラインは目につきやすい体のパーツです。

デコルテラインを整えることにより、デコルテそのものだけでなく、首や顔まわりもスッキリ見せることができ、印象もさらに良くなること間違いなしです。
姿勢改善のためのヨガを定期的に取り入れることにより、凝り固まりやすい肩周りや肩甲骨周りを動かしてデコルテ周りも整えていきましょう。

姿勢改善に効果的なポーズは、今回ご紹介したポーズ以外にもたくさんあります。
また、一概に「姿勢改善ヨガ」といっても、先生それぞれのアレンジやオリジナルの動きがあるので、様々なレッスンを受けてご自身に合ったヨガを見つけてみてください。

気軽にレッスンを受けたいときはオンラインで

classmall では、おうちで自分の好きな時間に、気軽にレッスンを受けることが可能です。

姿勢改善レッスンであれば、倉本ななこ先生 の「姿勢美人になれるヨガ+エクササイズ」や、細谷香織先生 の「美姿勢ヨガトレーニング」などがおすすめなので、ぜひcheckしてみてください♪

さあ、一緒に姿勢を改善して、綺麗なデコルテラインを手に入れましょう!

この記事を監修してくれたのは

高橋かなこ
高橋かなこ
高校生の頃からよさこいチームに所属し、インストラクターとして踊りに携わる。前職は総合物流企業にて総合職として勤務。現在はフリーヨガインストラクターをメインに活動中。